YouTuber講座イベントを開催しました!

2019年7月16日(火曜日)、ダクテンアジトにYouTuberを呼んで、YouTuberの裏側を暴露してもらうイベントを開催しました。

北海道で活動していて北海道出身であることを公にしているYouTuberは数が少ないのが現状。
その中、札幌を中心に活動しているmizunaTVから、たぁさんこと市野雄太さんをお招きして、YouTuberの動画制作の裏側、再生数の上がりやすい動画とはなんなのか、マネタイズするにはどうすれば、などなど、たくさんのお話をしていただきました。

mizunaTV(市野雄太)とは

1985年、北海道生まれ。2015年、市野水菜と共にYouTubeチャンネル「mizunaTV」を開設。UUUMのMCN(マルチ・チャンネル・ネットワーク)2期生オーディションに合格。(市野水菜は、reel1期生に抜擢)小樽市を紹介した動画が、UUUMクリエイターズ優秀賞を受賞。「日経トレンディNET」に特集記事が掲載され、本格的にYouTuberとしての活動を開始。2016年、水菜との間に第一子が誕生。出産を追った動画が、150万回再生を突破。KADOKAWA主催「Star Creators!~YouTuberの本~」『地元』動画東西対決!にて、東日本・北海道代表YouTuberとして出場。グランプリを受賞し、9月発売の「Star Creators!~YouTuberの本~ December 2016」に、特集ページが掲載された。2017年に、北海道のファミリー系YouTuberとしては初のチャンネル登録者数10,000人を突破。国民的番組「第66回NHK紅白歌合戦」とのコラボや大手企業50社以上のタイアップ動画を制作。育児関連の動画を中心に様々な話題を動画にし、ほぼ毎日動画投稿を行っている。

YouTube動画製作の舞台裏

2015年3月にスタートし、5年目を迎えたmizunaTV。ほぼ毎日投稿し1300本を超えました。

北海道ではチャンネル登録者が少ないのだそう。その理由はGoogleアカウントを持たず、ログインもせずに検索して動画を見るのが北海道民だからだそう。チャンネル未登録者の77%が毎回検索してみているというのです。

東京や大阪ではみんな動画を回しているし、海外ではライブ配信が当たり前。でも北海道はまだまだ。

このような事情から、北海道ではまだYouTubeが根付いていないとして、UUUM主催のイベントはこれまで仙台が最北でした。

これから流行る動画のために

2019年どんな動画を出していったらいいのでしょうか。YouTuberになるのは遅い? そんなことはないと市野雄太さんは話しました。2019年はなにか一つに特化してやっていくチャンネルがメジャーになるといいます。

観られる動画の長さは。どうやってまとめるのか。編集ソフトは何がいいのか。画面の明るさや音質の重要性。収益化の方法。固定客が付いてきたらどうしたらいいのか。UUUMの裏話や入り方、SNS拡散方法や拡散時間、サムネイルの作り方についても話してくれました。

また機会があればお呼びして実践方式のイベントができたらと思います。たぁさんありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!
>貸切利用しませんか?

貸切利用しませんか?

ダクテンアジトでは、時間貸しも承っています。ログハウスはもちろん、隣接する芝生も利用できます。BBQ、イベント、撮影などなど利用シーンは思い思い。詳細や申込はスペースマーケットから!

CTR IMG